pickup

 

こんにちは、セスです。

みなさんは学校とか会社で真面目にやってますか?

 

僕は学生時代に通知簿で遅刻や欠席しないから真面目ですってよく書かれてました。

だけど自分はそんなつもりじゃなかったんです。


僕が学校とかで遅刻や欠席しなかった理由の根底は、承認欲求と思ってます。

怒られたくない、褒められたい。

僕の兄弟は兄が三人います。

僕は怒られるのがメチャクチャ嫌いなんで、兄が怒られてるのを見て

「こういうことをすると怒られるんだな」って見て育ってきました。

だから大人が怒るようなことはあんまりやらず、大人からしたらいい子だったんですね。

 

もちろん子供だったので色々やらかして怒られてましたけど、ほかの子供よりはいい子を演じて怒られるようなことが無いようにしてたつもりです。

学校に通い始めても遅刻や欠席をすると怒られる

やんちゃなことをして暴れると怒られる

ほかの子をいじめると怒られる

なんか学んでました。

逆に大人が喜ぶこといい子になるのは簡単でした。

真面目になればよかったのです。

テストで良い点取って、
遅刻も欠席も極力しない、
部活も頑張る

そんなぼくが学生から社会人になる頃には大分擦れてましたw

 

 

真面目にも2パターンあって

バカな真面目賢い真面目

ってやつです。

例えばツイッターで少し話題になってた

「Excelで表計算して上司に提出したら、本当に計算があってるのか電卓で確かめておけと言われた」

って笑い話

バカな真面目は本当に電卓で計算するんですよ。

これが上司がそばにいてようがいまいが。

バカですから。

賢い真面目は計算してるフリして三時間ぐらいネットで遊んでたりゲームしたりタバコ吸いに行ったりして、

あとで「計算やっておきましたー、いやー三時間ぐらいかかっちゃいましたよ」とか言える人です。

 

 

職場の先輩看護師はめっちゃバカ真面目で

夜勤のクソ暇なときにでもなんかカルテ見たり「それ今やる必要あんの?」って作業したりしてました。

それ見て毎回この人は下手くそだなーっておもってたんです。

だって雇われて仕事してる従業員はめっちゃくちゃ仕事してもサボっててもその月の給料変わらないんですよ。

査定は変わるかもですが。

社会人になってから僕の仕事スタイルは

「手を抜くためには手を抜かない」

あとあとめっちゃ楽になるようなら今を頑張れるようになるので、

この言葉はとても好きです。

Excelの話で例えるなら計算するのが面倒くさいから、

手を抜くために表計算とかマクロ組みます。

明日の仕事が時間に追われてるときやる可能性があるなら、今やる。

 

ちょっと話は変わりますが

この間、部下が患者の前でスマホいじってたので

「おい、ここでスマホいじるな、見えないところでやれ」

って言ったら

「先輩、俺そんな風に怒られたの初めてですww」

って言われました。

 

 

全然怒らない上司  いや別にいいじゃんw

 



Twitterでフォローしよう

おすすめの記事